ゆずのバカヤロー、16年

フリーのデザイナー*文系主婦のきまぐれ日記。

シマパトとロイヤルホスト

しまむらで可愛いスリッパ見つけました。 安心価格580円。笑

肉厚&もちもちの肌触りでこれからの季節にぴったりです。 リラックスと書いてあるので、入院用に持って行こう〜

実は内ばきといえば、 バブーシュに憧れていて、 購入するタイミングを計っていたのですが、そちらは引っ越し後かなぁ。 もう購入するものも決めていて、 雑貨屋で見つけたこちら。


なんという可愛いさ…(°▽°) アジアン系の装飾が多いなか、 この北欧テイストの刺繍がツボでした。 実際触ってみたら革の柔らかさにも驚きました。憧れです。

そして、ゴミ出し用にもこちらを。


夕食にロイヤルホストに行ったら、 期間限定で「ずんだ餅ティー」という謎のお茶がありました。

恐らくノンカフェインではないのですが、 飲んでみたら本当にずんだ餅の香りで 面白かったです。 ノンカフェインのお茶はローズヒップハイビスカスティーとルイボスティーくらいかな。久々のドリンクバーを楽しめました。

メイプルオルゾティー

たまたま見つけたカフェで、 初めてオルゾティーを飲みました。

オルゾティーは大麦のお茶! ノンカフェインで、妊娠中もOKなお茶って意外とあるものですね。 とはいえカフェイン入りのお茶も普通に飲んでいますが… ハーブティだけは気をつけています。

メイプルオルゾティーは、 濃厚なメイプルの香りがスイーツのようで ほんのり甘みがあってとても美味しかったです。紅茶みたいだなと思いました。 妊娠してからは紅茶を控え気味にしていたので、オシャレなお茶が飲めて嬉しかったです。

濃くいれればエスプレッソに、薄くいれれば麦茶に近い味になるというので、 色々と楽しめそうです。

なにやら食物繊維が豊富で、 お通じにも良いのだとか。 お試しあれ。

ネットではなかなか手に入りづらいみたいですね。



無印家具を激安でゲットしたい!

引っ越しの際に無印で家具を買いたいと思っていて、

出来るならポイントがたくさん貰えるキャンペーンの時に無印カードを作って

そのポイントを家具の購入に充てたいなぁと考えました。

しかも無印カードを作ると誕生日などにポイントが貰えるみたいですね。

ちょっとしたムジラーの私としてはそんなサービスが魅力的です。

さらに普通に店頭でカードを作るよりも得したいと思い、ポイントサイトを探してみました〜。

 

以前はハピタスでキャンペーンをやっていましたが、2017年9月16日現在、終わってしまったみたいですね( ;∀;)

 

そこで、

新たに見つけたポイントサイトがPONEY(ポニー)!!

 

しかも今ならキャンペーン中でポイントアップしていて、

無地カード作成で770,000ポイントが貰えるとのこと!!

新規登録キャンペーンも行っていて、

下記のバナーから登録すると、紹介からの入会ポイントが貰えるので、良かったら登録してみてください!!

2017年9月16日現在、15,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

 

誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイトPONEY。交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

 

ばあちゃんとお別れ

昨日、おばあちゃんが亡くなった。

お母さんのお母さんがおばあちゃん。

 

 

母と、ばあちゃんと、私。

3人で暮らしたのは10年ほどの間だ。

小学生低学年の頃と中学生の頃。

小学生の頃、

仕事でいない母に変わって、

いつも夕飯の準備をしてくれたばあちゃん。

ばあちゃんのご飯は和食ばかりで、煮物やなんかよく分からない山菜がよく食卓に並んだ。

健康食品が好きなばあちゃんは、

ケフィアや自家製梅酒や糠なんかをよく食べていて、私にも薦める。

「美味しいの?」と訊くと、

「体に良いの。」と返ってくる。

健康になる方法を紹介するテレビを見ては、その内容をメモに取り、チラシの裏や至る所に健康になる為のメモがびっしり書かれていた。

 

そんなばあちゃんのご飯を食べて育ったおかげですっかり野菜が好きで、健康食品が好きな変な子供になった。

 

ばあちゃんは結構コミュ力が高くて、

突然知らないおばあちゃん友達が

家に遊びにきたり、

親族と交流したりしていた。

遊び相手が欲しい時、よく遊んで貰った。おはじき遊びや巨大なパズルや花札やごっこ遊び。

散歩に行くと、色んな植物を教えてくれた。

そして、その辺の道端に生えている雑草をちぎっては、これは「食べられるのよ」といつも持ち歩いてるビニール袋に入れて持ち帰っていた。

街中なのにそんな事をするから、一緒に歩いていてちょっと恥ずかしかった。

 

 

ばあちゃんはご機嫌な時よく歌を歌っていた。

編み物も教えてくれた。

掃除をしたり裁縫をしたり長距離の散歩に出かけたりとよく行動する、主婦力の高いばあちゃん。

じいちゃんが亡くなって、一人ぼっちだったばあちゃんと、

夫と離婚して私と2人っきりだった母が一緒に住むようになったのは大人の事情だと思う。

幼かった私には事情も知らず、ただ順応するだけだったけど、3人家族で満足はしていた。

女ばかりの3人家族だけど、私にとってはある意味父の代わりでもあった。

特に運動会でお弁当を食べる時、狭いレジャーシートに母とさみしく2人きりじゃなくて良かったなといつも思った。

 

 

そんなばあちゃんだけど、

私が小学生の高学年になる頃には忘れっぽい等少し様子がおかしくなった。

中学生になった頃には、

何をするでも無くほぼ1日中窓際に座りっぱなしというような事もあり、明らかに様子がおかしくなった。

そして会話の辻褄が合わなくなった。

 

病院を嫌がる本人を連れて医者に診てもらったら、認知症と診断された。

認知症と診断されてから、「要介護」のレベルが上がって行くのは早かった。

中学3年生の頃には、もう正直、ばあちゃんという存在が怖かった。

認知症の症状ですっかり別人のように変わってしまったばあちゃんが怖かった。

 

週何日かデイサービスに通っていたけど、それ以外の時間には家の中や外を徘徊するようになった。

深夜自室で勉強をしてる最中に、少しだけ開いた扉の隙間、真っ暗の廊下から物音一つ立てずにこちらをじっと見ている事に気付いた時には腰を抜かすかと思った。

驚きのあまり言葉も出ない私に「居たの。」と呟き暗闇に消えて行くばあちゃん。

居ちゃ駄目なの…?

あの時は ただ、恐ろしかった。

 

何かに憑かれたような覇気のない別人の顔をして、毎日家のどこかにそっと居た。

 

私は認知症の症状について何も知らなかったし、受験で余裕が無くそれどころではなかったので、日々おかしくなっていくばあちゃんへの不満がただただ溜まっていった。

 

徘徊が始まると時間帯なんて関係なく1日中数分、数時間おきに何度も玄関の扉を出入りする、「キィー…バタン!」という音が聞こえてくる。深夜でもどこかへ出かけようとするので、母と私で何度も止めに走った。中学校から帰るとテーブルに並んでいる、おぞましい量のコンビニのおにぎりの数に驚いた。とても食べきれる数ではなくて、ゴミ箱に山盛りになっていくおにぎり達。捨ててもそのままにしても目を離した隙に買ってくるので、どうしようもなかった。

ばあちゃんの部屋からは、ビニール袋に入れられ包装も解かれないままのおにぎり達からすえた臭いがして、何度処分しても何かしらを腐らせていた。

本人は気にもとめていない様子だったけど。

 

それらの奇行にいちいちリアクションをしては、ばあちゃんに「何故?」を問い続けたけれど、本人は「そんな事していない」の一点張り。

後々知ったけど、アルツハイマーの人に何故?と聞いても何も解決しないし、余計混乱させるだけらしい。

 

ばあちゃんのその奇怪な行動は一日中続けられ、その都度行動を止めに入るので、受験勉強もままならなかった。

私は紙に「〜をするな!」と書き殴っては、家中に貼り付けたが、あまり効果は無かった。

ドアノブや扉やスイッチや冷蔵庫やトイレ。

思いつく限りに張り紙をした。

 

それでも学校から帰ると、テーブルの上には大量のコンビニのおにぎりが並べられているし、目を離すとまたコンビニへ行こうとする。

単純な行動を繰り返す事も増えた。

やはり、「何故?」を言わずにはいられない。

まだ精神的にも成長途中だったから、「病的な行動」を受け入れる事が難しかった。間違っている事をきちんと指摘さえすれば病気も治っていくと信じたかったんだと思う。

 

どうして、そんな事をするの、

一体どうしてしまったの、もうやめて、

私の受験勉強の邪魔をしないで!!

 

ある日、積もりに積もったイライラを堪えきれず、ばあちゃんにそう怒鳴りつけてしまった。

すると、ばあちゃんは「気に入らないなら出て行けばいい!」と力強い声で言い返した。「ここは、あんたの家じゃない!」とも。

無表情の、別人の顔だった。

 

私はショックで何も言い返せなかった。

初めてばあちゃんに怒鳴られたという事もショックだったけど、

「出て行け」「あんたの家じゃない」という言葉が、

私の中で一番恐れていた言葉だったので、とても傷ついた。

本当はばあちゃんの家に住まわせてもらっている身で、ばあちゃんは私の事を迷惑に思っているんじゃないか。

そんな風に考える事があった。恐ろしくて口にはしなかったけれど。

このばあちゃんの「出て行け」という言葉に、ばあちゃんの本当の思いの全てが凝縮されているように感じてしまった。

まだ中学生で、一人では生きては行けなくて、誰かに頼るしか無かった。

もし今、見放されたら、

私はどうなるんだろう?

出て行けと言われても頼れる人など1人もいない。無力感と行き場の無い「何故?」と怒りと悲しみで頭の中がぐちゃぐちゃになった。

 

その場でばあちゃんに何も言い返せず、

自分の部屋に引きこもって泣いた。

母が帰ってくるまでひたすら泣き続けた。

 

その日の夜、帰宅した母は家中に貼り付けられた紙の惨状に驚き、家族会議になった。

何があったのか訊かれてもばあちゃんは何も覚えていなかった。

私はただ、耐えられない。と言って泣いた。

ばあちゃんの施設への「入院」はこの時決まったのかもしれない。

寝不足と心労とで母も私も精神的に限界だった。

 

その後ばあちゃんが夜中の徘徊で警察に何回か保護されたりして、ついに施設に「入院」する事になった。何度かお見舞いに行く度に、どんどん認知症の症状は悪化していった。

 

もう私の事も誰だか解らなくなり、母の事も忘れたと思えば、なんだか少女のようになり、ついには会話が出来なくなった。そうなるまでに5、6年かかった。

認知症患者が亡くなるまで平均7年だったか。

面会のため施設に向かう足取りはどんどん重くなっていく。

寝たきりになってただ宙を見つめて口をパクパクさせている痛々しい姿を見に行くのは、辛かった。

それから、また7年程経って、

今度は肺炎で入院したと母に聞いた。

 認知症の誤嚥性肺炎は余命半年だとか。

 

ついに危ないらしい。

ばあちゃんに「出て行け」と言われてから12年。私はばあちゃんを信じられなくなって、嫌いになって、

認知症の病状が進んでからは会うのが怖くなった。

認知症の症状については、

後々テレビやネットで知った。

中学生のあの時知っていれば、ばあちゃんに「出て行け」と言われても動ぜずにいられたのかな。

当時は、すっかり変わってしまったばあちゃんの性格が、病気のせいだとは思えなかった。

認知症について何も理解してあげられなかった事を少し後悔している。

 

今になってばあちゃんが元気だった頃を思い出すと、悲しくなる。楽しかった時も確かにあったし、
私にとってたった一人のばあちゃんなのだ。

幼い日々のことお世話してくれたことへの感謝の気持ちも伝えようと思っても、施設にはばあちゃんの抜け殻しかなかった。

話しかけても、何も返してはくれない。

子供を授かったんだよって事も、何も伝えられないのが辛い。

あの時沢山おにぎりを買ってきたのだって、私達がお腹空かないようにって思ってくれたのかもしれない。

ごめんね、ばあちゃん。

 

母からばあちゃんの心臓が止まりそうとの知らせを聞いた後1回持ち直し、1日経って亡くなった。

認知症発症から14年、娘も孫も分からなくなってから7年、

私には、ばあちゃんは長い間「生かされている」と感じていた。

そこには本人の意思も何もないようで。

亡くなってやっと、楽になれたんじゃないかと思う。

早くじいちゃんの元に行きたいんじゃないかってずっと思ってた。

きちんと死に化粧してもらって綺麗にしてもらったばあちゃんには昔の面影がちゃんと残っていて、涙がとまらなくなった。 じいちゃんにちゃんと会えますように。ただそれだけを祈った。

 

人の老いというものを常に身近で感じていたから、老いへの恐怖がずっとある。

そして命が終わるのを見届けながら、

お腹の中の新しい命が誕生するのを待っている。

 

命の始まりと終わり。

その間に生きながら、命のリレーを感じた。

人が老いて亡くなるまでを教えてくれたばあちゃんに感謝している。

 

妊娠8ヶ月突入。ブランディア買取結果

札幌の季節はすっかり秋になり、

少しだけ衣替えしました。コーデュロイのスカートをはいてお出かけ♪

今くらいの季節が大好きです。

食べ物が美味しくて沢山種類があって、

寒すぎず暑すぎず、

西日が綺麗な夕暮れの雰囲気が一番好きな季節でもあります。

 

8ヶ月の検診のため病院に行き、「順調」と太鼓判を押してもらい、

そのまま少し遠くのショッピングモールへ行きました。

 

後期に突入してから30分以上車に乗ったり、歩き続けたりすると、お腹が張るようになりました。

仕事も集中力の低下とお腹の張りと息苦しさであまり続かないようになりました。

やっぱり寝転んでいるのが一番ラク。

運動しなきゃーとは思うのですが、

どうも眠気とだるさで何かする気になれません。

 

安定期から外食が多めです。

元々週の半分以上外食してましたが、

その生活が戻り…

今のうちにと思って色々と出かけては完食しまくりです。笑

f:id:yuzuwasabi:20170905192718j:image

 

 

さて、ブランディアの買取結果が、

4点で150円でした。

1点は買取不可。

50円×3で150円。

 

まぁ、こんなもんよね。(^。^)

状態は結構良かったので、

元々のアクシーズファムの古着の買取価格がこんなものなのでしょう。多分、古着屋に持って行っても結果は同じかな。

ランディアさんを利用して良かった点は、集荷や到着等細かい連絡をくれたことと、査定結果が出るまでが早かったことです。そして、

送料、返送料が無料なので安心。

北海道なのでとても助かります。

 

今回のものはパーティードレス等必要な時を過ぎたら要らないもの

だった事もあり、

購入した事も仕方ない事なのですが、

服は一度でも袖を通すと価値が暴落するので、着古したいほど好き!という1着に出会うまでは購入しないように今後気をつけようと思いました。

実際断捨離してみて、着古して劣化した為処分したものは4分の1くらいで、ほぼ未使用が4分の1、残り4分の2は流行もの、年齢制限あり(笑)のものが多かったです。

 

★オールシーズン、2シーズン以上使えるもの

★着回しのきくもの

★素材の良いもの

★似合う色かたち

 

今後はこんな基準で選びたい!

ネットショッピングで買った服にあまり気に入ったものが無いというのも問題です…今後はネットで服は買わないかな。

 

 

ランディアさんを利用してみたい方は是非こちらから

処分したいけど捨てられないブランド品・洋服…
クローゼットに眠っていませんか?

不用品をお持ちの方は
是非ブランディアの無料査定をお試しください♪

1点以上、お売り頂いた方に
現金1,000円をプレゼント★

~自宅でカンタン♪最短3日でご入金~

↓宅配買取の詳しい内容と  ↓
↓無料査定の申込はこちらから↓
http://brandear.jp/ct/otomodachi/lp/mail?pid=b51ykw

 

 

究極の癒しタイム♪

毎日断捨離しているおかげで、
断捨離ブログみたくなってきていますが、
もう年齢的に着ない衣類3着をまた断捨離しました。


激安の価格設定にしてフリマで売ると、その日のうちに速攻買い手がつきます。
お別れする際は、今までありがとう、新しい飼い主(?)の元でも可愛がってもらえよ…とアイロンを丁寧にかけて、新品みたく見えるようにビニール袋にしまいます。
多少思い入れがあると、
お別れするのに疲れます〜笑


「まだ着れる」のと「今着たい」のは全く別物で、「着たい」で一杯のクローゼットにしたいなぁ。



実は数日お腹の張りがあって、
お仕事が出来ませんでした。
休めば治るのですが、時々張る。
後期によくあるみたいなのですが、
特に気にせず休んでいます。
そのせいでそろそろ締め切りがやばい…( ;∀;)
お腹が張ってカチカチの時、
赤ちゃんはやっぱり狭いのかな。
ちょっとかわいそう。

そんな時、リラックス出来る究極の方法を見つけました!!

それはお風呂麦茶です!!


お風呂でホットの麦茶を飲む。
お気に入りのマグでゆっくり飲む。
これだけなのですが、
何故今までやらなかったんだ、と思うほどとても癒されるのです。
なんとなく、お風呂で飲んでみようと思って始めたお風呂麦茶習慣が、
毎日の究極の癒しタイムになりました!


アロマもオススメです。


ブランディアにアクシーズファムだけで買取してもらった話

CMでよく見かける買取専門店のブランディアさん。


高級ブランド品だけ取り扱っていると思いきや、
オタク女(私です)にも大人気のアクシーズファムの買取もやってくれるそうではないか。
ハイブランドだけでなく、意外と色々買い取ってくれるみたいです。
気になっている方は、何が売れるか確認してみては。

今なら初めて査定申し込みで現金1000円貰えるそうです。

http://brandear.jp/ct/otomodachi/lp/mail?pid=b51ykw

断捨離心と下心。

趣味が変わりもう着ないアクシーズファムのお洋服から卒業したいので、
家にあったいらないワンピースとパーティワンピースと小箱を送りつけてみることにしました。
トップスとボトムスも沢山あるのですが、そちらは買取してくれないみたいなので別の処分方法として他の服と共に古着屋に持っていきます。


ランディアに申込したきっかけは、今なら買取申込からの成立で楽天スーパーポイントが1000ポイント貰える、という文言に惹かれたこと。
1000ポイント…!欲しい…!
そんな下心で何か送ろうと思い立ったものの、
ハイブランドな持ち物なんて残念ながら皆無なので、アクシーズファムだけで乗り込んでやろうじゃねえか


しかも全部で4点のみ。
(ワンピ3.小物の箱1)
申込キットを頼むとそれが一旦手元に届き、梱包した上で集荷してもらうことも出来るそうですが、
数も少ないし面倒なので箱などはこちらで用意する事にしました。


売るものを水濡れ防止の為、袋に入れて梱包してそれを箱詰めして申込書を印刷して同封します。
送る前に確認するチェック項目にチャック付きの袋に申込書を入れましたか、とか書いてありますが、手元に無かったのでその辺にあった空き袋に入れて送りました。
そしてチェック印を付けました。笑
なんかすみません…


申込から2日後にヤマトさんが集荷に来てくれました。玄関で梱包済みのダンボールを渡して控えを受け取るだけの5秒間で終了。
伝票は向こうで持ってきてくれるのですね。
伝票を見たら運賃1.188円と書いてあって、
そんな値段付かないと思うのだけど、と少し申し訳なくなりました。
品物自体の購入金額は全部で1万円程。
一体いくらで買い取って頂けるのか…
そして楽天スーパーポイントは貰えるのか…
結果はまた報告します。(^^)



~自宅でカンタン♪最短3日でご入金~

↓宅配買取の詳しい内容と  ↓
↓無料査定の申込はこちらから↓
http://brandear.jp/ct/otomodachi/lp/mail?pid=b51ykw




ちなみに古着屋には福袋パンパンに2つ分(45ℓ×2程度、6〜8kg程度)を持っていって1200円になりました。殆んどアマベルやfintやアクシーズファム系の服です。
コート3着入りです。

ブックオフには紙袋1つ分の単行本、文庫、CD.DVDを持って行って850円でした。

毛玉があっても、表紙に汚れがあっても一応買い取って貰えた(1つ10円)ので良かったです。