読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずのバカヤロー、16年

フリーのデザイナー*文系主婦のきまぐれ日記。

価値観が変わった1冊

今週のお題「プレゼントしたい本」


素敵なお題だと思いました。

いくつか、お勧めの本をご紹介します。



★クールなキャリアウーマンに★

ココ・シャネルという生き方 (新人物文庫 や 1-1)

「個性の無いつまらない人と過ごす時間ほど、無駄なものはない。」

という言葉が胸に突き刺さりました。

夢の為逆境に立ち向かう姿、

恋人はいるけど結婚はしない、プロフェッショナルとしての姿がかっこいい。

働く女性として、学べる事があります。



★人間関係に怯えてる人に★

気が軽くなる生き方―重苦しくふさぎ込むな (知的生きかた文庫)

「弱く見られる事を、恐れない。」

自分と上手に付き合う方法が書いてあります。

生き辛いと感じたら試しに読んでみて下さい。ヒントが見つかるかも知れません。



★若い人に★

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

「その時、その時に、自分の中のきれいな心をしっかりと生かしていかなければいけないのだ」

太平洋戦争前の少年少女たちに向けて書かれた本。現代でも通用する素敵なお話です。初版の復刻版がオススメ。

20代で読んでも考えさせられる事が多かったです。


★キュンとしたい人に★

センセイの鞄 (文春文庫)

国語の教師、ダンディなおじさまって

素敵…!と思う方はツボにはまると思います。

静かな秋の夜にぴったりな大人の恋愛物語。



★とりあえずこれ読んで元気だして!★

ナンシー関の記憶スケッチアカデミー (角川文庫)

とにかく笑える。面白い。斬新。

開いてビックリ、

素人の落書きのような絵がずらりと並ぶ。

絵の本気度も、お題に対する記憶の曖昧さも作者によって異なるから、作品が多様に変化する。これこそが絵の面白いところ!

うろ覚えが生み出す面白すぎる迷作を、

ナンシーさんの的確なツッコミと共に楽しめる本。2まで出ています。