読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずのバカヤロー、16年

フリーのデザイナー*文系主婦のきまぐれ日記。

今年最強のにんにく納め!!

食品系モニター 料理 ★お気に入り

12月になりましたね。
つい今年も残すところあと1か月。
今年も色々な事があったなぁ。
やり残した事、無いかな?
今年最後の色々な出来事をひとつずつ、
納めていく月でもあります。

さて、今日はそんな食べ納めの時期に思わず
「今年中に食べておいた方が宜しいのでは?」
とお勧めしたくなった無敵パスタのご紹介です。


年末なのに、今年最強にぶっ飛んだ食べ物が
我が家に届きました。

その名は
「にんにくやにんにく洋麺」

f:id:yuzuwasabi:20161202190121j:plain:w400

にんにく洋麺って何だ!?
洋麺=パスタ
にんにく洋麺=ペペロンチーノ
つまり、和風ペペロンチーノの事です!!
茹でたての麺に絡めるだけで、
簡単にペペロンチーノが出来るという
便利なパスタソースです。

何がぶっ飛んでるかというと、
f:id:yuzuwasabi:20161202171552j:plain:w400

にんにく度が超高いぞ!!

f:id:yuzuwasabi:20161210011612p:plain

にんにくレベルがこんなに高い強敵が
こんな時期に現れるなんて…くっ…!
果たして無事に倒せるでしょうか。
今年最強にガーリックな1品です。

さっそく作っていきます!!

f:id:yuzuwasabi:20161202172301j:plain:w200f:id:yuzuwasabi:20161202172335j:plain:w200

【2人前の材料】
●「にんにくやにんにく洋麺」…1箱
● 茹でパスタ(洋麺)…2人前

【追加で入れてみた】
○ぶなしめじ…1袋の半分
○エリンギ…1本
○生ベーコン…一握り
○オリーブオイル…大さじ1程度

①パスタを茹で始める。


9分茹でパスタだけど20秒くらい早くあげて美味しくできましたよ。

②きのことベーコンを炒めます。

f:id:yuzuwasabi:20161202172648j:plain:w400
ベーコンから油が出たらきのこに絡める。
いい焼き色がついたら
フライパンの火を消しておく。

③パスタが茹で上がったら、湯切りする。


しっかり湯切りすると味が薄くなりません。

④2のフライパンに【ソース】を入れる

f:id:yuzuwasabi:20161202173055j:plain:w400

⑤茹で上がったパスタを加えソースをよく絡める。


ソースのオイルをよーく絡めて…

⑥【トッピングスパイス】を加え絡める。

f:id:yuzuwasabi:20161202173342j:plain:w400
混ぜるのに、トングがオススメ。

⑦完成!!

f:id:yuzuwasabi:20161202173446j:plain:w400
f:id:yuzuwasabi:20161202173529j:plain:w400

めちゃくちゃ美味しそう!!
f:id:yuzuwasabi:20161210012535p:plain
食べて見ると、まず
ガツンと、ガーリックの香ばしい匂いと旨み、
そしてかき醤油の和の旨みがお口いっぱいに
広がりました。
味がとっても濃いめです。
お店クオリティに美味しいです!!
きのことベーコンはめちゃくちゃ合うので
是非入れて下さい!
ぶなしめじもエリンギもどっちも合います!

我が家の旦那様はにんにくラーメンに
小さじ1.2杯もにんにく投入して食べてしまう
にんにくキラーなのですが、
この1品には大変満足だったみたいです。
さすが、にんにく度4…
(MAXはいくつなんだろう)

辛さは4とありますが、中辛くらいかな?
鷹の爪が辛いので、それを避けて食べれば
辛いもの苦手な人(旦那様)でも平気みたい。

ただね、昼に食べると
凄い口の中がにんにくになりますので
夜食べるべきだったなと反省しました。
昼に食べて、夕方頃にやっと
お口の中のにんにくさんが去っていきました。笑
デート前に食べるのは
駄目、絶対!!



ペペロンチーノといえば、
カリカリのガーリックにオリーブオイルが美味しく、
調理の最初の過程でガーリックをオリーブオイルで煮込んでカリカリにしたりと手間がかかりますよね。

レトルトでは表現が難しいように思いますが、
このソースで作ると、
ソースとスパイスが別な事で
うまくガーリックのカリカリ感を出せていて、
お手軽にペペロンチーノを作る事が出来ました。
そしてとても美味しかったです!!

f:id:yuzuwasabi:20161210012533p:plain


アサムラサキ様、ごちそう様でした!
アサムラサキファンサイトファンサイト参加中


株式会社アサムラサキ